MENU

夜逃げをして闇金の取り立てから逃げる

闇金からの借金を解決する方法のひとつに、「夜逃げ」があります。これは解決というより、つらい状況から逃れるということです。闇金の取り立ては非常に厳しく、電話が鳴るたび、常にびくびくした生活を送るようになってしまうのです。

 

警察や弁護士に相談、もしくは自己破産したとしても、相手はヤクザなのですんなり引き下がってくれないのでは?逆にエスカレートしてしまうのでは?と思い悩んだ挙句、もう夜逃げしか考えられなくなるのです。

 

確かに、夜逃げをすれば、毎日の取り立てで怖い思いをすることもなくなるでしょう。でも、実際は何百万、何千万と借りているわけではなく、大抵の場合は数十万円といったところでしょう。

 

ですから、ほとんどの場合は、元金以上の金額を闇金業者も受け取っているので、夜逃げをされてしまったからといって、目くじらを立てて探し回るということはまずありません。元金の回収もできているのに、わざわざ時間と手間をかけて探すメリットがないからです。

 

仮に見つけても、元々お金がないわけですから、それ以上お金は取れません。ですから、夜逃げをすれば、追ってくることはまずないでしょう。ただ、夜逃げをしても、生活が豊かになるわけではありません。

 

びくびくしながらの生活は変わりないでしょう。精神的に追い詰められてしまうことになると思います。また、夜逃げをすると、結局、親戚や知人とも連絡が取れなくなり、もしかすると、取り立て屋が親戚や知人に取り立てに行き、迷惑をかける可能性も否定できないのです。