MENU

登録番号に注意する

登録番号を確認する事で闇金だと見抜ける可能性があります。貸金業として会社を運営する場合には、必ずホームページや広告に載せる際には登録番号を掲載しなければなりません。ですので貸金業登録番号が必要になります。

 

もしもホームページや広告にその登録番号が記載していなければ闇金だと思って良いですし、登録番号をネットで確認してみるのも一つの手かもしれません。日本貸金業協会のホームページには登録番号と会社名が載っています。

 

どんなふうに載っているのかというと、アコムならば関東財務局長(11)第00022号、モビットならば関東財務局長(6)第01239号と記載されています。
ですが登録番号が記載されているからといってその業者が闇金ではないとは限らないという事に気をつけなければなりません。貸金業者として登録を認められているのにも関わらず、違法な行為を繰り返し行っていたり、既に処分を受けているところもあるのです。

 

そして同じ会社の名前と登録番号で記載されている場合もあるのです。これは実際にアコムやプロミスなどの大手企業と名乗り、登録番号も同じにしてDMなどを送っているという事もあるようです。

 

ですので闇金と断定するのは、登録番号が広告やホームページに掲載されていないもの、登録番号が掲載されていても日本資金業協会のホームページに掲載されていないものだけでなく、日本貸金業協会に登録されているからといって闇金ではないと断定する事は出来ないという事です。

 

登録番号があるからといって安心してはいけません。

関連ページ

脅しにはどう対応する?
闇金は返済できないとなると、取り立てがエスカレートしていきます。最終的には、家族や勤め先にまで発展して脅しが永遠と続いていきます。
警察が動けない現状
警察が動けるのは、闇金業者が違法行為であればしっかりと動いてくれます。警察は無料なのでいい部分もありますが、ずっと付きっ切りで対策を練ってくれる訳ではありません。
マインドコントロール
闇金業者に知らず知らずの内にマインドコントロールされているのです。まだ気が付いていない方は参考にしてください。