MENU

警察が動けない現状

闇金からの借金を解決するために警察に相談をするという方法もあります。闇金が行っている行為は違法行為なので警察に相談すれば解決してくれる可能性は非常に高いです。

 

弁護士や司法書士に相談すればある程度の費用がかかっていまいます。ですが警察に相談すののはタダなのでお金はかかりません。なので警察に相談する事が一番の方法ではないのか?と思うところです。

 

しかし現実的には厳しく警察に相談してもそう簡単には解決出来ないのです。警察には民事不介入というものがあるので、お金の貸し借りなどの金銭的なトラブルにはなかなか取り合ってくれなかったり動いてくれない場合があります。

 

嫌がらせや脅迫など事実上で証拠がある場合は動いてくれるでしょう。ですが闇金はこういった警察から調べられた場合にも対処出来るような手段を取ってくるのです。

 

事務所がなければ警察でも闇金の所在はわかりませんし、契約書が無い場合もあるのです。一般市民の口頭での説明だけでは警察もなかなか動けないのが現実です。

 

警察によっては「闇金は違法なので支払いはしなくて良いです。電話も出ないでください。何か嫌がらせや脅迫を受けた場合は連絡をください」と言われる場合もあります。

 

市民の味方でもある警察が動いてくれないのでは助けを求めるどころか相談しても意味がありません。しかし警察も状況証拠がない限り簡単には動けないのです。このような被害が後を絶たないのも現状にあるので何年後かには専門の部署が出来るかもしれませんが今現在ではありません。

 

警察に動いてもらうためには、相手の連絡先、契約書、脅迫を録音したものや支払い履歴など証拠になるものを細かく準備しておく必要があります。

関連ページ

脅しにはどう対応する?
闇金は返済できないとなると、取り立てがエスカレートしていきます。最終的には、家族や勤め先にまで発展して脅しが永遠と続いていきます。
登録番号に注意する
闇金業者でも、貸金業登録番号が記載している場合もありますが、それも偽りの番号かもしれませんので、番号が書かれているからといって安心してはなりません。
マインドコントロール
闇金業者に知らず知らずの内にマインドコントロールされているのです。まだ気が付いていない方は参考にしてください。